自己愛性人格障害とは
自分は他人よりも優れている、人とは違うと思い込み、自分の能力を過大評価しています。
ほめられたい、尊敬されたいという思いが強く、自分のやったことを「すごいことだ」などと強調して周囲に話します。
自分の話に他人も同調してくれると思い込んでいるため、ちょっとした批判や非難にあっても自尊心が強く傷つけられます。
その反面、他人の才能や業績は「たいしたことない」と過小評価し、批判的です。

また、自己愛性パーソナリティ障害の人は他人が自分をどう見ているかをとても気にします。
これを「他者評価への過敏性」といいます。また、自分が特別であるという強烈な意識を持っています。
つまり、思い描いている理想が高く、自分の手柄を強調する傾向があります。
他人からの評価に敏感で賞賛されることを常に求めます。
他人は自分を賞賛するために存在していると考え、誉めてくれる人とは機嫌よくつきあうことができます。

自慢話が多く、自分のミスや間違いを認めようとしません。一方、他人に譲歩したりすることが苦手です。
注意されたり、否定されることは大嫌いです。
そして、コツコツと努力することをせず、一足飛びの成功を求めます。
また、一般に、他人に自分の話はよくしますが、
人の話にはほとんど関心を示さない傾向があり、周囲からは「傲慢な人」という印象をもたれます。

自己愛性パーソナリティ障害の特徴はそれだけではありません。
実は、強い自尊心の裏に隠れた弱さこそが、彼らの「障害」といえます。
心の中で思い描いている理想の自分が崩れることを自己愛性パーソナリティ障害の人は極度に恐れます。
それは自分の存在を真っ向から否定されることだからです。
したがって、周囲の反応を気にしてオドオドします。
うまくいかないと「自分には何のとりえも無い」と極端に落ち込みます。
怒りや喪失感を他人に向けて発散します。 「バカにされた。変に思われた」とすぐに傷つきます。
このように、他人より優れている自分と、まったくダメな自分、 この極端な
2つのモードを行き来する二重構造が自己愛性パーソナリティ障害の特徴であり問題です。
http://get40.net/personality/t-zikoai.html

自己愛性人格障害の人は、見た目に華があり、注目を引く服装を格好よく着こなしています。
もったいぶった口調や自分の重要人物ぶりをほのめかすような言動もよく見られます。
ステータスや社会的地位の高い者に、自分から進んで接近しようとします。

自己愛性人格障害の人は、自分を賞賛してくれる取り巻きを求めます。
なぜなら、賞賛こそ彼の活力源だからです。
しかし、彼が他者の内面や存在の尊厳を省みることは、ほとんどありません。
他人が自分にとって利用価値がなくなったり、思いどおりに動いてくれなくなれば、その関係は終わりを告げます。
そして相手を「無価値でつまらないもの」として否定します。
他人の気持ちに無関心で、共感性が乏しいのです。

自己愛性人格障害の人は、気まぐれで、気分が良いと、ベラベラと
調子のいい弁舌を振るいますが、機嫌が悪いと、些細なことでも、
ヒステリックに怒鳴り声を上げ、耳を疑うような言葉で罵ったり、
見当外れな説教をしたりします。

自己愛性人格障害の人が、権力や地位を得ると、周囲は散々な思いをします。
権限を笠に言うことを聞くように迫ったり、自分に媚へつらわない者を冷たく無視したり、
虐めるように仕向けるなど、まるで子供のような真似を権力のもとに行います。
http://blog.livedoor.jp/mental_xx/archives/6041349...
症例1
・他人に厳しく自分に甘い
・ミスや間違いを認めようとしない
  • 他人が失敗したとき
  • 自分が失敗したとき





本田「自然現象だと思うんですよ」

本田「ゴロで出せ」(バロテッリに対して)

症例2

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

パンキナ〜ロ本田圭佑

幼少期の思い出

ガンバジュニアユース時代の思い出

名古屋グランパス在籍時の成績

日本代表における成績

【メニュー編集】

どなたでも編集できます