第8節キエーヴォ戦後のレビュー

前スレでもちょこっと言及したけど、この回はとにかくパンキだけでなくインタビュアーも気持ち悪い

★パンキでも問題ないと主張する本田さん。

−自分でも、試合に出ることでしか養えない体力があると感じるんでしょうか。

「いや俺は、何回も答えてきたけど、どんな練習を積んでいるかという方が大事だと思っていて。
結局、試合に出ないとダメというのは、練習を本番に近い形でやってない人の意見で。」

−なるほど。

「今のミランは確かに、チーム練習が質も量も物足りない。
そういう意味では、確かに試合に出ないと、コンディションを上げるのは至難の技。
それは一理あります。それを俺はいかに個人練習で補うかという課題に挑戦しているわけなんで。

(2016.10.17 REVIEW No.247 セリエA第8節 キエーヴォ戦 24〜32行目より抜粋)

★どっからこの自信が湧いてくるのやら

−オーストラリア戦もケガがなければ、90分出たかったと。

「ホンマやね。ケガを負ってなかったら、もっとやれたね。それは間違いない。1点取れた自信もあるし。」

(2016.10.17 REVIEW No.247 セリエA第8節 キエーヴォ戦 44〜46行目より抜粋)
★インタビュアーもマジ基地

−タメを作れる人が他にいないかなと。

(2016.10.17 REVIEW No.247 セリエA第8節 キエーヴォ戦 50行目より抜粋)

−(岡崎も割とタメられるという本田の回答に対して)あんまりそういうイメージはありませんでした。

(2016.10.17 REVIEW No.247 セリエA第8節 キエーヴォ戦 52行目より抜粋)

★二人ともマジ基地

−選手間の話し合いの効果もあったのかもしれないですが、イラク戦では縦一辺倒だったのが、
オーストラリア戦では前線で本田選手が他の人が上がってくる時間を作っていたように見えました。

「それは俺がずっとやってきたサッカーやから。
『俺が持ったら走れ』というサッカーをやってきたから、自分のストレングスであることは間違いない。
それを求めたいんやったら、俺がそりゃ中心になってくるよね。
“それ歴”が長いからね。」
(2016.10.17 REVIEW No.247 セリエA第8節 キエーヴォ戦 56〜62行目より抜粋)

−アジアレベルなら余裕でキープできると。

「余裕とは言わんけど、普通にやれば普通にキープできるよね」

(2016.10.17 REVIEW No.247 セリエA第8節 キエーヴォ戦 97〜98行目より抜粋)

★特に酷いと思った会話。この会話でキエーヴォレビューは締めくくられてる。


−それにしてもミランの試合内容は相変わらず良くないですが、勝負強さがありますね。
なぜこの順位(3位)にいられるのかという感じです。

「俺が頑張って、和を乱さずサポートしているからじゃない?(笑)。
明日もまた言っておきますよ、お前らもっと練習しなアカンって。」

(2016.10.17 REVIEW No.247 セリエA第8節 キエーヴォ戦 104〜107行目より抜粋)

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

パンキナ〜ロ本田圭佑

幼少期の思い出

ガンバジュニアユース時代の思い出

名古屋グランパス在籍時の成績

日本代表における成績

【メニュー編集】

どなたでも編集できます