【日本では報道されない闇】本田、SVホルンの経営を途中で投げ出し逃亡。現地からは猛批判。


■古い田舎のチームを企業論理だけでズタズタに
■契約期間について2017/3/26
https://www.laola1.at/de/red/fussball/erste-liga/n...
SVホルンRudolf Laudon会長「3シーズンの契約があり、今は2年目だ」

■本田、契約を大幅に縮小2017/4/26
http://www.spox.com/at/sport/fussball/oesterreich/...
「Bundesligaの厳しい規制」
既に金曜日に、リーグは、最初の例でライセンス決定を発表することができた。それは5月2日までだった。
Laudon氏は「比較的遅い」いくつかの書類の提出を指摘して「ライセンスに大きな問題はない」と述べた。
これはクラブの将来の方向性に関する内部的な議論のためです。 地域リーグへの降格もあった。
Laudonは過去2年間を面白くて有益なものと見なしています。
「私たちは犯罪者と一緒に寝ることはしませんでしたが、私たちはヨーロッパの有名な専門家と提携しました。これは正しい決定でした」とLaudonは強調しました。
高い達成目標は常にパートナー側から得ていました。 そのホーンは高い可能性を秘めていますが、Laudonはまだ確信しています。
「ブンデスリーガの目標は依然として私たちの心に残っているが、それはとても非現実的だ」

■「チャンピオンズリーグの夢は不幸だった」2017/5/26(Rudolf Laudon会長のインタビュー)
http://noe.orf.at/news/stories/2845789/
チャンピオンズリーグの代わりに地域リーグ東部!
新しく発表された目標を持つHonda Groupの参入から2年後、SV Hornは現実の根拠に達しました。 Rudolf Laudon会長は間違いを確認します。

noe.ORF.at:ファーストリーグでわずか1年後、SVホーンは上演し、無声で下降した。 クラッシュの理由は何ですか?

ルドルフ・ロードン:確かに不運が多かったし、チャンスをよりよく評価することで、クラスは確かに可能だったはずです。 しかし、多くの間違いがありました。
多くのレニオナーからなるチームや、ドイツ語を知らない日本のコーチと対戦するのは容易ではありません。 今までによく訓練されたチームはなかった。

noe.ORF.at:Honda Groupは2年前にSVホーンをチャンピオンズリーグに導くことを目標にしています。 これは最初から馬鹿げたものでした。 あなたは今、批評家に何を教えていますか?

Laudon:まず、私はこれらの目標が私のHornerクラブのメンバーではなく、日本人によってのみ策定されたことを強調しなければなりません。
後見では、この偉大な目標は、不満で野心的すぎる以上のものであったことは明らかです。

■SVホルン:チャンピオンズリーグの代わりに地域リーグ2017/6/4(ライセンス発行遅延による制裁金について)
https://abseits.at/fusball-in-osterreich/sonstiges...
ライセンスの問題
本田圭佑と彼の側近はすでに、クラブのリーダーシップを事実上事前に手渡していた。 現在、オーストリアの職員は事業運営を引き継ぐ予定です。
ルドルフ・ロードン会長は、「彼らは財務的にかなりの金額のスポンサーを引き続き抱えています」
現場では、撤退のために、オーストリアでのホンダの規制が厳しすぎるという噂が流れている。
そして実際、新しいシーズンのライセンス供与プロセスでは、それを親切に「事故」と考えている人もいました。
クラブは25,000ユーロの罰金でブンデスリーガに処罰されたいくつかの締め切りを逃した。
ライセンスは、2回目の実行時および条件の下でのみ、ブンデスリーガの抗議委員会によって発行された。

■2017/8/15の記事(本田撤退後のホルンの運営方針について)
http://www.heute.at/oesterreich/niederoesterreich/...
経済的に彼ら(SVホルン)はパートナー代理店「Honda Estilo」と引き続き協力したいと考えていました。
しかし、タスクは再配分され、日本の株主は主に営業事業から撤退することになった。
SVホルンは現在、地域スポーツの象徴として残るために地域に根差す事を再び強化する予定です。



■本田圭佑プロデュース ソルティーロファミリアサッカースクール公式サイトのカリキュラムより
http://soltilo.com/curriculum/

オーストリア2部に所属するSVホルンでは日本人選手のプラットホームになれるようなクラブを目指しています。
ピラミッド型の育成組織を確立し、SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOLからオーストリア2部のSVホルンまで組織内でステップアップできる体制を整えています。

本田の悪行〜ホルン詐欺〜

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/SV%E3%83%9B%E3%83%...
本田「ホルンに関して5年のスパンでこのプロジェクトを考えています。」
SVホルンを買収して「1年で3部優勝、2部昇格、3年以内の1部昇格と優勝タイトル」
「そして5年以内のUEFAチャンピオンズリーグを目指します」

「小学生の子供たちのスクール、中学生年代対象のジュニアユース、幕張自社グラウンドで
高校生年代のユースチーム、 ベースとなるサッカースクールを三角形の底辺として、
ジュニアユース、ユースと上がっていき、ホルンを頂点として海外でプロ選手目指せる道筋を作ります。」

理事会の過半数をホンダ・エスティーロ側の人間で占め決定権がある。(実質オーナー)
本田側が49%出資して、クラブの有限会社が設立される。
地元報道によればホルンの予算は約200万ユーロ(約2億6,000万円)

クリエ紙が本田の経営参加についてウェブ上でアンケートを行ったところ、
「悲観的」という回答(32.1%)が、「素晴らしい」(29.8%)を上回った

ある初老のサポーター「もし今年2部に上がれなかったり、近い将来1部に上がれなかったりすれば、
途中で投げ出すに決まっている。 私は(ボランティアの人たちの援助で運営してきたこのチームに)
日本人が関わることに反対なんだ」

2017年4月27日、本田側が運営するSVホルンの公式HPで一方的にHONDA ESTILO株式会社からの
SVホルンに対しての投資額(3年契約の残り一年分)が2017年夏から大幅に減ることが発表された。
また同時にサッカースクールのSVホルンを頂点とした組織図や進路説明がまるごと削除された。

足りなくなった運営費用の捻出や来季のクラブ運営登録の再提出など放り出された問題が
山積みとなった影響で財政面に関する資料の不備と刻限を過ぎての提出となり
50万ユーロまでの制裁金、勝ち点減点処分など懲戒戒告処分が下された。
決定権が旧経営陣に戻されボランティアの方々の協力を得ながら対応に追われている。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

パンキナ〜ロ本田圭佑

幼少期の思い出

ガンバジュニアユース時代の思い出

名古屋グランパス在籍時の成績

日本代表における成績

【メニュー編集】

どなたでも編集できます